M&A News

M&Aニュース

世界の債券の1/4がマイナス金利、物価があがらない、投資銀行の収入が低水準から分かること

世界の債券の1/4がマイナス金利、物価があがらない、投資銀行の収入が低水準という3つのニュースが出ています。

マイナス金利については、言うまでもなく金余りです。投資をする先がないのでしょう。投資銀行の収入が低水準というのは、M&Aを始めとして高リスク投資への投資にも限界が見えてきたということでしょう。一定以上の金額は高リスク投資には回りきりません。安定資産への投資がどうしても必要になってきます。そこで債券の金利が低くなります。

その中で物価がなかなか上がりません。お金あまり、投資する先がない、利回りが得られない、購買意欲がそれほどあがらない、AI化、システム化による効率化が進めばコストが下がる、そして物価が上がらないというサイクルなのでしょう。

ここで高リスクのM&A、買収に回る資金も出てくるはずです。しかし、投資銀行も収入が減っているなか、素人が高リスク投資をするのであれば、成功する何某かの根拠が必要でしょう。

先日、改定した以下の記事も参考になるはずです。

https://ma-japan.info/archives/15210
https://ma-japan.info/archives/18811

M&A売却希望

M&A買収希望