M&A News

M&Aニュース

規模の大小を問わない再現性の高いM&Aとは(2019年9月5日改定版)

再現性の高いM&Aについて、しばらく関心を持ってみています。個人、スモール、マイクロ、大規模案件を通じていることが少し見えてきました。

再現性の高いM&Aは、今儲かっている良い会社を買収することでもなく、将来爆発的に儲かりそうな企業を買収することでもありません。もちろん、こうした事業を買収するメリットもたくさんありますが、再現性が高くありません。言い換えるとソフトバンクの孫さんのような天才が必要になってきます。普通の人には真似できないものです。

再現性が高いM&Aは、業績が不振、あるいは明らかに問題のある事業を買収して、それを改善させるM&Aです。大きな視点でいうと、M&Aの名人と言われる日本電産の買収のこのパターンといってよいでしょう。

これができるためには、

・何が問題なのか
・それを買い手が改善できるのか

これを買収前にガッチリ把握しておくことが必要になります。それがビジネスDD(デュー・ディリジェンス)です。そして、このビジネスDDは自分でやらないといけません。

JT(日本タバコ)がガラハーを買収する前、相手と交渉する前に、現場に多くのメンバーを送り込んで、あらかたビジネスDDを終わらせていました。

さらに個人、スモール、マイクロM&Aでいえば、

・その改善を自分でやりきれるのか

がポイントになるでしょう。そのためには、ネットで情報を集めているだけでは不十分です。売り手と会い、現場を見て、競合を調べ、自分たちが買収後、何ができるのかを徹底的に考えることが大事です。

そのことによって、今の経営者よりも明らかに高い価値が見えてこないと、M&A、買収をする意味はないのです。

大事なことは、ビジネスのDDで、本気で買収をする気があるのか、できるのかです。しかし、管理状況も大切です。帳簿すらまともにつけていないビジネスはリスクが大きすぎます。

管理をきっちりやっていれば、売れる、ということは決してありませんが、管理がいい加減なビジネスはまともなビジネスパーソンであれば手を出しません。このバランスが重要です。個人M&Aを本気で取り組む方への支援は、本誌も今クローズで準備を進めています。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望