M&A News

M&Aニュース

東芝と株主との関係に見る、長期視点と短期視点

東芝が3社へ分割など、短期利益を求めるアクティビストとの対応で問題が起きています。東芝は経営危機のなか、ファンドなどのアクティビストに支援を求めましたので、致し方ない部分も大いにあります。

一方で短期視点と長期視点のどちらを重視すべきかは、本誌としては明確で長期視点です。投資も長期間の成功を意図すれば長期視点のほうがブレが少なく、リスクも低いものと考えています。

短期視点でのメリットを求める株主は違法ではありませんが、倫理的ではなく、社会的ではありません。

この根本的な考え方にはついては「王道経営」として何度か本誌でも述べています。

○王道経営をするための「経営者のための経営管理」の考え方と手順(2019年4月18日改訂版)
https://ma-japan.info/archives/18811

「長期的に」
「社会の役に立ち」
「最終的に企業価値をあげる」

ということを本誌では王道経営として定義しています。どんな経営が望ましいかは人によって異なります。しかし自分、自社の中に軸を持つことは大切です。

問題の起きている企業から、その原因を考え、自社の考えかたに活かす。そのためには継続的な情報収集と学習が重要になると思うのです。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-