M&A News

M&Aニュース

トヨタのリフト自動運転部門買収は、前向きではあるが、やはり出遅れ感は否めません

トヨタが遅れている自動運転の技術、テスト走行の実績を確保するために、リフトの自動運転部門の買収をします。
590億円程度の出資は年間1兆円はゆうに超える投資をするトヨタからすれば、研究開発投資の一部、という程度の出資です。

問題は、テスト走行の実績なわけですが、以下リンク先の日経新聞の記事によると

トヨタ  4,600KM
リフト 52,676KM

ですから10倍以上の実績を手に入れるわけです。

しかしトップ2は以下の実績です。

GM 123万KM
ウエイモ(グーグルグループ)101万KM

と2桁違う実績を持っています。テスト走行だけで判断はできませんが、実績があるということは問題も把握しているわけで、さらにプログラムの精度があがることは間違いありません。4,600KMよりリフトの52,676KMをとれることは悪いわけではありませんが、まだまだこれから、というべきでしょう。

ただしアップルも3万キロ、ダイムラー(ベンツ)4万キロというベースですから、まだまだ合従連衡というものがあってもおかしくありません。なにより安全性を問われる領域ですから、100万キロ単位のテストではおそらく足りず、システム上の仮想空間でのテスト、さらにそこででてきた問題点の再現性を検証する実地テストなども必要になってくるでしょう。

この市場の環境を概括しておくことは無駄ではないと思います。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望