M&A News

M&Aニュース

大企業の健保78%が赤字。私達に必要な考え方とは?

大企業の健保、78%が赤字だそうです。健保組合の赤字は以前から問題となっており、最終的には国の負担でカバーするしかありません。

国民皆保険というのは素晴らしくよくできた仕組みですが、皆が若くてガンガン稼ぎ、保険料を納めるが、高齢者が少ない社会ではうまく機能するものので、逆に若い人が少なく、高齢者の多い社会では機能しにくいのは明らかです。

そこで、いつも保険料の引き上げが課題になります。もちろんそれは必要なのですが、コストをさげることも必要です。ジェネリックへのシフト、軽度な症状は自身で薬局で薬を買って対応する、予防医学へのシフトなど、これまで議論はされて、手はつけたものの、大幅に改善はされません。

政治家の仕事なわけですが、これはそう簡単にできない。理由は、高齢者に不利な政策だからです。
日本のマジョリティーは高齢者であって、彼らの支持がなくては政治家は当選できません。

だから何もしなくてよいのか?

高齢者を含めた私達が、政治に関心を持ち、厳しいリーダーを選べるようにならないといけません。

コロナの対応も問題ありありですが、コロナ感染者が国内に増えてきたあとも、ダラダラ、海外からの流入を厳しい制限なしに受け入れ、その後も国内に受け入れる人々の隔離も自主隔離、病院への支援も中途半端、コロナ専用病棟へのシフトなども以前として途なかば、最終的には専門家の皆様の意見を聞いてきめます、、、

こうした問題についてはコロナの問題をクリアしたあとに徹底的に検証すべきでしょうが、おそらくされないでしょう。
理由は私達がそういうリーダーを選んでいないからです。何が自分たちに必要なのか、それは今日明日だけでなく、先のことも考えて行動すべきなのです。

それには自分で調べ、考え、アウトプットし、フィードバックを受け、行動する。
そうした仲間たちとの研鑽が必要だと思うのです。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望