M&A News

M&Aニュース

フジHDの外資法規制違反はなぜ今頃?

フジテレビのフジHDが外資規制違反だったということが報道されています。
以下のニュースを見ると

1)違反をしていたのは、2012年9月-2014年3月の間
2)19.99%と公表していた外国人株主の議決権比率が実際は20.00042~20.00083%だった
3)2014年12月に総務省に報告、すでに解消しているため、認定を取り消す必要なしと判断した

この規制は、外資に放送局が支配されてしまうと、国防の観点から不都合ということで外資の議決権比率を20%未満としています。それを遵守できなかったのですから、大きな問題です。

しかし、上記の状態でなぜ7-8年前の話が今出てきているのか、誰かが情報をほじくり返して、出しているのでしょう。そのメリットがある、あるいはフジにデメリットを与える必要のあるかたなのでしょうか。

そもそもこのような問題を解決するには、報告ベースでなく、国が監視できるのがベターです。
しかし、これは簡単ではなく、そもそも上場会社の株主を把握することは簡単ではありません。複数の名義で保有することもありますし、ファンドを通じて出資することもあります。複数の企業やファンドが経由した場合には、実質株主が誰かを把握することはおそらく無理です。

国防上の問題を解決するには、実質株主を常に把握できるシステムの存在が不可欠です。
これは日本だけで解決できる問題ではありませんが、おそらく難しいでしょう。証券市場の上顧客であるファンド、そのバックにいる富裕層の多くは実態を明らかにしたがらないからです。

これは経営判断です。今のところは、デメリットを上回るメリットがあると判断しているため、このような実態が是認されているということなのだと思います。それであれば、起きて不思議のない事故だった、と感じます。

それにしてもなんで今頃、こんな話が出てくるのか、という背景ははっきりしません。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望