M&A News

M&Aニュース

パナソニックが持株会社へ、背景は事業部の業績を明確にし、集中と選択を図るということだが、選択されてしまった事業部はどうなるのか。

パナソニックが持株会社へ、背景は事業部の業績を明確にし、集中と選択を図るということだが、選択されてしまった事業部はどうなるのでしょうか。

日経の記事でも、まだ詳細が固まっていない状態での発表に社内も揺れているというニュアンスではありました。

経営トップとしては、それよりも業績責任を明確化し、集中と選択を図る、パナソニックの業績をあげるということに邁進するわけでしょうから、少なくとも株主、投資家目線では正しい行動です。

一方で、パナソニック基準に満たないビジネスはどうなるのでしょうか。赤字で再生の見込みがどうしてもたたない事業は閉鎖、清算することになるでしょう。これはやむを得ません。

しかし、パナソニック基準でいうと、利益率が低い、規模が小さい、グループ内シナジーが効いていないと判断された企業はどうなるのでしょうか。

基本はM&Aで売却、ということになるのでしょう。
パナソニックよりも、グループ内シナジーを見込める企業であったり、パナソニックで規模が小さいと判断されても、他の企業にとってみれば十分な売上や利益が見込める場合には買い手はたくさんあるはずです。

パナソニック目線で考えると、自分たちさえよければよいのか、と見えてしまう部分もありますが、これも資本や業務の再配分なのだと思います。時代や環境にあわせて、ベストな経営主体で経営をしていく、それが当たり前になっていくプロセスにあるといってよいでしょう。

厳しくもありますが、そこで働く人々は環境が変わろうと、株主が変わろうと、そこで必要とされる人材として生き残っていかなければなりません。


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望