M&A News

M&Aニュース

アリババ創業者、ジャック・マーは言いすぎたが、本誌はこうありたい

アリババグループのアントが上場延期となり、それは習近平氏の判断だったということで結構盛り上がっています。すでにジャック・マーはアリババ経営の一線をしりぞいていますが、中央集権の極み、しかも個人情報をとりまくっていると思われるスタンスには長い目でみて、適正な経済発展の阻害要因になると考えているのでしょう。

一方でコロナの蔓延を防いだりする、緊急時の対応では、中央集権の力がうまく動いている部分もあります。

世界一を目指すのであれば、アメリカと喧嘩をし、アメリカとビジネスができないなんてことも不利には違いありません。
その中では、今のようなガチガチの中央集権では持たない、という極めて基本的な意見も通らない。見せしめの対象になってしまいます。

香港の状況を見ても、賢くビジネスをするなら、共産党を敵にまわしては話になりません。したがって多くのビジネスパーソンはうまくバランスをとってやっているのでしょう。ジャック・マーは勇み足だったかもしれません。近い内にこの問題は解決するかもしれません。

しかし、正しいことを正しいといえる、そのスタンスは本誌も貫いていきたいと思います。それが長期的には社会貢献、ビジネスの繁栄につながると信じていきます。

M&A売却希望

M&A買収希望