M&A News

M&Aニュース

日本電産 永守さん的株式投資記事は面白かったです。M&Aの参考にもなります。

日本電産の永守さんは16歳から株式投資をし、当時1億円の含み益までいったそうです。あまりにも株があがるものだから、もう下がると思い、空売りをしたら、あがり続ける。結局大損をしたということです。

今の16歳であれば投資をしているといっても不思議はありませんが、当時はどうやっていたのか、、証券会社の口座は親名義だったのか、など気になるところはありますが、普通ではありません。

そこで永守さんが決めたのは、

・空売りに意味はない。キャッシュがすべて。
・投資は自分が理解できるビジネスにだけ出し、勉強のためと思って長期投資をする

ということだったそうです。
後者はバフェットも同じですし、長期保有はリスク分散のための王道であると言われています。

日本電産は自分たちの理解できるビジネスしか買収しない、というポリシーもここから生まれているのだと思います。
同社のM&Aについては、あまり書籍がないのですが、以下の本は参考になるはずです。

M&Aも株式投資もリスクがあることは間違いありません。他人のビジネスに資金を出すからです。さらにM&A、買収の場合には、これまで赤の他人が経営してきたところに首をつっこんで、これまでよりも業績を良くしなければいけません。これは簡単なはずがないのです。だからこそ、ビジネスをよくわかっている先を優先して相手探しをしていくべきだと思うのです。

——————
M&A実務に必要な知識を体系的に学べる、10年間以上の実績のある「M&A実務スキル養成講座」については→https://www.jma-a.org/adviser/jma-k

「サラリーマンが小さな会社の買収に挑んだ8カ月間:個人M&A成功のポイント」好評発売中です!

「この1冊でわかる! M&A実務のプロセスとポイント」24刷 ロングセラー商品です!

M&A売却希望

M&A買収希望