M&A News

M&Aニュース

買いたい会社は自分で探すのが一番。そのために今すべきこと。

ストライクが買い手から要望を受け、売りたい会社を探すサービスを始めるそうです。

**
会社の「売り手」見つけます~M&Aのストライクが新サービス

M&A(合併・買収)仲介大手のストライクは3月から、買収を検討している企業向けの新たなサービスを始めた。企業が、買収したい企業の業種や規模、地域などを特定して申し込むと、ストライクが電話や面談などで対象となる複数の会社に連絡してM&Aの可能性を探る。基本料金のほか、売買が成立した場合は別途手数料がかかる。日銀の金融緩和などを背景に急増している企業の買収ニーズに応え、売却を希望する企業とのマッチングをより強化する狙いがある。  新サービスの名称は「プレマーケティングサービス」。これまで一部の顧客企業に対してテスト運用していたが、3月から全企業に対象を広げて本格展開し、100社以上からのサービス申し込みを目指す。買収を検討する企業が地域や業種、従業員数、売上高の規模などの希望を伝えれば、ストライク側が各種データをもとに、対象となりうる企業のリストを作成。同リストをもとに同社の専門部隊が企業譲渡のニーズを探索し、最終的にはM&Aの成約を目指す。    申し込んだ場合、電話や面談のほか、ストライクが約3万部発行している広報誌、同社のウェブ上のM&Aマッチングサービス「SMART」にも企業買収ニーズを掲載するなどして対象企業を見つける。 長引く超低金利や経営者の高齢化などを背景に企業買収の需要が高まり、日本国内のM&Aの件数は高水準が続いている。一般に買収を希望する企業は譲渡を希望する企業の数十倍あるといわれる。通常の仲介業務では、売却を希望する企業のニーズをもとに買収希望企業を探索する形が一般的で、買収したくてもできない企業もあるという。同社は「新サービスにより、より多くの企業がM&Aの機会を得られるようになる」とみている。
**

これはある意味当然で、売り物が圧倒的に不足しているわけですから、業者としても売りたいと希望する会社だけでなくて、まだ売却を考えていてもいない先にもアプローチをしていかないとそうそう会社は買収できないのです。

買いたい会社が見つからない理由について、以下の動画で詳しく説明しています。

実際に買収をした後、うまくいかない企業も多発しています。買収後の統合作業をPMIを呼んでいますが、これについても予習できる動画を準備しています。

会社を売りたいと考えるかたは、会社を売ることだけを考えていては十分ではありません。
他にも選択肢がないか、ぜひ検討してみてください。

そして、コロナウイルスの影響で経済活動が停滞している今だからこそ、書籍、動画などで情報を集め、買収対象会社を特定、リストアップすることにあてるべきでしょう。コロナウイルスの影響で、財務的なダメージが甚大なビジネスも増えていくはずです。資金的な余裕のある企業があれば、資金的、経営的支援を受けたいよいビジネスは増えてもおかしくありません。

身動きがとれない、と考えられている今、何を準備するかは、今後に大きな影響を与えることになるでしょう。

M&A売却希望

M&A買収希望