M&A News

M&Aニュース

東芝、、、これが本当ならもう終わり。正直者が馬鹿を見ない社会を作るのが、大人の役割。

東芝の子会社で売上200億円過大計上だそうです。

東芝もすでにこれに関するリリースを出しています(https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20200118_2.pdf)。

今の所、対象会社となっている東芝ITサービス株式会社がこの過大計上に主体的に取り組んだ証拠はないということですが、上記のリリースによるとこの会社の売上高は400億円です。その会社で200億円の売上過大計上があって、その過大計上をわざと自分でやったのではないなら、誰かに騙された、ということなのでしょうか。

この会社は工事やIT関連の保守などを行っている会社のようです(https://www.it-serve.co.jp/)。全部で400億円の売上に対して、200億円の実在性のない売上があがっていて、自社が関与していないなんてあるのでしょうか。第三者に騙された、という可能性はありますが、400億円の売上の会社で200億円の売上を騙されて計上するってことがあるのでしょうか。

まだ正式発表はありませんが、わざとやったのならもうこの会社、終わりです。
会社を潰してしまえ、といわれるかもしれませんが、会社を潰すだけでは何にもなりません。だってどこかの会社が引き取って終わります。監査法人がいくつか潰れましたが、お客と会計士は別の監査法人に転籍して終わりです。そうでなくて、不正にかかわった人間を徹底的に調査し、厳罰を課し、再発防止策を講じ、粉飾決算なんてやったら大損だ、誰がやるもんか、という風潮を作らないといけません。いつまでもインチキをしている連中を放置していてはいけないのです。

正直者が馬鹿を見ない、まともな社会を作るのが、大人の役割なのだと思います。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望