M&A News

M&Aニュース

オーケーと関西スーパーの争いは関西スーパーに有利に見えます

オーケーと関西スーパーの件で、揉めているのですが、現在、裁判所が関わっている論点は

「株主総会での手続き」

についてです。

各種報道でも明らかになっているとおり、今回の投票は非常に微妙な争いになっているのですが、関西スーパーの株主であり、代表取締役が総会での投票にミスがありました。

事前に議決権行使書を使って議決に「賛成」としたのですが、株主総会に参加し、そこで「棄権」と意見表明をしてしまったのです。そして、これが「賛成」なのか「棄権」なのかで、決議結果が変わってしまうという極めて珍しいケースになってしまったのです。

最終結果はどうなるかわかりませんが、ミスをした株主の意思が「賛成」である以上、関西スーパーには有利とみるのが自然です。

今回、ドタバタし、それが司法判断も加わっているわけで、論点はたくさんあるのでしょうが、今回の裁判所が関わっている論点は、統合の可否そのものではなく、手続の瑕疵について検討がされている、ということは認識をしておくべきでしょう。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-