M&A News

M&Aニュース

トヨタとテスラの1台あたりの利益と戦略を整理してみました

テスラの1台あたりの利益が非常に高いということです。ネット販売、EV特化、車種も少ないわけでこれは当然でしょう。アナリストによるとトヨタは膨大な資産、社員、取引先を抱え、EV特化できず、あらゆる方向性に準備しているように見える、と評価しています。

それは当然でしょう。EV一本勝負の世界情勢が本当に正しいのかはツッコミどころ満載です。そこで水素エンジンなどにもトヨタは取り組みをみせていますし、過渡的な技術であるHVについてもまだまだ使える、使うべきだと見込んでいるのもよくわかります。

テスラは伝統的な内燃機関の車両を持っていませんから、それを考慮する必要はありません。EVに全精力を投入できる強みは間違いなくあります。

ところでトヨタのEVへの特化が遅れているという点については豊田章男社長が、EVにすれば炭素フリーになるわけではなく、電力供給、発電の問題と組み合わせて考えるべきで、その他の代替クリーンエネルギー開発も並行して実施すべき、という考え方はまさに正論です。

しかし、世界がEV化の方向に舵を切ってしまっていますので、この状態で正論に戻すには果てしないロビイ活動も含めかなりの努力が必要でしょう。

1点、ハードはいいとして、ソフトの面です。ソフトは自動運転に方向転換するはずで、その開発、パートナーが明確でない点は少し心配です。安直に技術を持っている企業を買収してすむ話ではありませんが、この論点にどのように対応していくのかは、注視していきたいところです。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-