M&A News

M&Aニュース

CVCキャピタル・パートナーズが家庭教師のトライを1,100億円で買収するが、これは誰得なのか、考えてみました。

CVCキャピタル・パートナーズが家庭教師のトライを1,100億円で買収します。

CVCキャピタル・パートナーズは、りらく、資生堂の椿などを含むパーソナルケア事業を買収し、東芝の買収にも手を挙げていたファンドです。

ファンドとしては、トライの規模であれば上場でexitを狙っているのでしょう。
トライの業績は売上が500億円程度、EBITDAが80億円程度です。詳細がわかりませんが、税引き後利益は40億円程度でしょう。これを前提にすると、この買収時点でPERが30倍近い数値になります。

ファンドとして当然稼ぐ必要がありますので、たとえば1,500億円の時価総額で上場させようとすればPERは37.5倍になります。Edtechとは言っていますが、国内の家庭教師ビジネスの将来性がそれほど高いようには思えず。かなり高い株価に見えます。もちろん出資期間中に業績向上をさせるのでしょう。

この目論見どおり行けば、CVCキャピタル・パートナーズは得、現オーナーも得、は間違いありません。

あとは上場後の株主、スタッフ、生徒にどれだけメリットがあるのか、これはやってみないとわかりませんが、かなり高い時価総額がターゲットとなるだけに、彼らにも三方よし、とするのは結構なハードルがあってもおかしくありません。こちらのケアも忘れずにすすめることができれば、素晴らしい取り組みであると言ってよいでしょう。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望