M&A News

M&Aニュース

株主の環境対応への厳格化が意味することは何なのか考えてみた。投資家と経営者の視点にズレがおきているのかもしれません。

機関投資家による、投資先企業の環境対応を厳格化せよ、という要求が厳しさを増しています。
企業側からすれば、利益も配当も出せ、環境にも配慮せよ、と言われてもね、、、というネガティブな印象もあるでしょう。
それはたしかに一理あります。

しかし機関投資家で大規模なものの多くの原資は年金基金です。
世界中の人々が退職後に安心して年金を受け取れるように、預かった年金資産を運用しています。
そこには安全性、長期的な成長、値上がりが要素として必要となります。

とくに長期視点が重要で、今はいいけど、10年後にはもう全然駄目じゃない、では困ってしまいます。
投資をうける企業のマンジメントが3年とか5年間での視点しか持っていなければ、これはもう不一致になってしまいます。

投資家、特に大規模機関投資家と経営者の視点にズレがおきているのでしょう。
そういう視点でみると、この問題にどう向き合っていくべきなのか、答えが出やすくなるかもしれません。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望