M&A News

M&Aニュース

丸井が売らないテナントを3割に増やす方針。ヨドバシと同じ戦略なのか考えてみました。

マルイは現在、ショールーミングを目的とした売らないテナント売り場を現在の1割から3割に増やすそうです。テナントですから、マルイがショールーミングをやるのではなく、テナントへその場を提供するということです。

この戦略がうまくいけば、

1)テナント賃料を安定させられる
2)マルイのカードユーザーを獲得し、金融部門での利益を得ることができる

というメリットがありそうです。
コロナの影響で加速したEC、通販の利用ですが、現物を見たいというニーズは捨てきれません。
この場を提供するということでしょう。
そのためにはロケーションがこれまで以上に重要になってきます。

マルイの店舗は全国にそれほどありませんが、駅チカなどのよいロケーションが多いです。
https://www.0101.co.jp/stores/

自分達で売れなくなってしまった売り場を、どのように展開していくのか、1つの選択肢でしょう。

これを先行しているのがヨドバシカメラで、もともと他店舗展開をしていない企業です。
https://www.yodobashi.com/ec/store/list/

さらに彼らのすごいところは自社でのEC、通販の拡充です。
電機製品、事務用品ではアマゾンと比較しても品揃え、配送手数料など大きなアドバンテージを持っています。
もちろん店舗でもショールーミングも可能ですし、それだけで持て余すほどの店舗数を持っているわけではありません。

まだまだ実験段階ではありますが、知っておいて損はない、有力ロケーションを抑える企業の新しい取り組みだと思います。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望