M&A News

M&Aニュース

自社株における買収における優遇税制が策定

事業承継について国も改善策を打ってきています。

ここで紹介されているのは、買い手が上場企業の場合です。株価維持のために自己株式を保有している上場企業は結構多く、その合計は18兆円にのぼっているということです。

これの利用方法としては、ストックオプション行使時に交付したり、消却=減資することになりますが、買収の対価として、キャッシュではなく、その自己株式を発行するというやりかたです。株式交換といわれる方法です。

本誌もソフトバンクがイー・アクセスを買収した際(https://ma-japan.info/archives/3189)に、たまたまイー・アクセス株をもっていたので、株式交換に応じたことがあります。その後しばらくはイー・アクセス株と引き換えに付与されたソフトバンク株式を保有し、売りどきと判断したタイミングで売却しました。

今回の件は、以前安く買った株が、株式交換によってその時の時価で評価され、課税されてしまうことを回避するものです。たしかに大株主にとってみると、これは切実な問題でしょう。TOBをかける前に相対で大株主から株式を取得したり、回避策はとられてきたのかもしれません。一方でその他の株主には不利になる、など論点は多かったでしょう。これを回避できることは悪いことではありません。

国もドンドン支援してくれる事業承継について、中小零細企業の事業承継の実態を昨日オンラインセミナーでお話しました。アーカイブは以下からご覧になれますので、よろしければぜひご覧ください。


今後のオンラインセミナーについての情報です。日時など誤りがあり、訂正しました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。終了してしまったオンラインセミナーも同じURLでアーカイブを配信後はいつでもご覧いただけますので、よろしければぜひご覧ください。申し訳ありませんでした。

10/21(水)15:00-15:40 「中小・零細企業の事業承継問題を解決するための超具体的ですが、考えてみれば当たり前のこと」

https://youtu.be/ZuCjO74LYBk

10/29()20:00開始 「【大学教授から卒業生へのメッセージ】他人に迷惑をかけず、人のためになるビジネスを産みだし、継続していってくれ!」

https://youtu.be/VE_It0ZSk20

11/3(火)20:00開始 「【大学講義クオリティ】現役教授が自ら解説。今なぜ国語が重要なのか?」

https://youtu.be/8W7TfddosVE


M&Aに本気で取り組む方には、事前の準備とネットワーク作りが大切です。そのための講座についての情報です。
——-
企業内でM&A担当になり、体系的にM&A業務の全体像を学習しないといけない方へ。10年間以上の実績と数々の大企業の方にご受講いただいたM&A講座のご紹介ページを作りました。今、以下からお申し込みいただけると特典もあります。
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.jma-a.org/ma_course_c

個人がM&Aをやるなら自分で真剣に情報をとる、勉強するといってきました。そんなみなさんに10年間以上続けているM&A講座の紹介ページを作りました。以下のページからお申込いただくと特典があります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.jma-a.org/ma_course_i

M&A売却希望

M&A買収希望