M&A News

M&Aニュース

ウーバーイーツのサブスクはサスティナブルか?

ウーバーイーツが月980円のサブスクを始めるそうです。
配送料を除き1,200円以上の注文だとこれが適用されるということです。配達員に対する配送料は、これまで同様の金額をウーバーイーツが払うということなので、デリバリーを頼むユーザーと配送員は歓迎でしょう。

配送料は50-700円ということです。700円の配送料は一番、配達員の需要がきつい状態でしょう。要は一番需要が多い時間帯のはずです。サブスクになれば配送料を気にせず発注できるため、このきつい需要がよりきつくなってもおかしくありません。そこにウーバーイーツが耐えられるのか、気になるところです。

さらに店舗側ですが、ウーバーイーツからの注文に対しては35%の手数料がかかるようです。サブスクモデルとは関係ありませが、これはとんでもない金額です。飲食店で35%コストが増えたら、そう簡単に利益はでません。したがって、手数料相当を値上げするか、きついコストに耐えるしか方法がありません。

統計的には飲食業の平均営業利益率は、7.8%です。これで35%の負担をし続けることができないことは明らかです。この店舗負担をどれだけ減らすのか、がウーバーイーツのサブスクも含めたモデルが持続可能か、どうかの分かれ目になると思います。

○経産省 商工業実態基本調査
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syokozi/result-2/h2c6klaj.html#:~:text=%E9%A3%B2%E9%A3%9F%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%A3%B2%E4%B8%8A%E9%AB%98,%E3%82%927.8%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E4%B8%8A%E5%9B%9E%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82

M&A売却希望

M&A買収希望