M&A News

M&Aニュース

ソフトバンクグループの減益要因はファンドだけではない

ソフトバンクグループが大赤字、WeWorkなどのファンド事業が影響しているということです。

決算短信を見ていきましょう(https://group.softbank/corp/irinfo/financials/financial_reports_02/)。以下のPLとセグメント情報は、上記リンクの決算短信から引用しています。

売上がほぼい横ばいですが、営業利益が大幅に減益です。1.4兆円減益のうち、1.2兆円がファンド事業によるものなので、報道は正しいです。しかし、それ以外の事業でも2,300億円の減益です。

***以下、引用***

***引用、ここまで***

セグメント情報を確認しておきます。
スプリント事業で900億円、アーム事業で1700億円、セグメント利益が悪化しています。アーム事業は前年同期は利益ベースでしたので、随分数値が悪化しています。よく見ると、前年同期は、売上よりもセグメント利益が大きいので、内容を見てみると、アーム社の子会社を関連会社化したことによる利益が1700億円近くでていたようで、今期が実力値に近い数値かもしれません。

***以下、引用***

***引用、ここまで***

1.2兆円の営業赤字を出すファンドはたしかに赤字の主要因ですが、それがあまりにも巨額で目立ちませんが、他の事業でも減益、赤字の状態である点については注意をしておくべきでしょう。

M&A売却希望

M&A買収希望