M&A News

M&Aニュース

スペースバリューHDの子会社粉飾決算から見る今やるべきこと

スペースバリューHDが子会社のおそらく粉飾決算について、第三者委員会を設置するということが報道されています。

こちらの詳細はこのあとの調査次第ということになりますが、不祥事を本当に多くみるようになったと思います。この理由として、ネット時代の到来、また、通報制度の匿名性の向上などがあげられると思います。もともと一定数あった不祥事の多くをかつては内部でもみ消していたものの多く、一部が出てきているのだと思います。

このベースに考えると今後も恐らく企業不祥事はドンドン出てくるはずです。終身雇用をベースに作られてきた日本の組織は、こうした不祥事が起こしやすく、隠しやすかったわけですが、その終身雇用も崩壊しつつあり、内部で起きた不祥事を隠しにくくなっています。

内部にいた人は、こんなことはいつまでも続かないと感じていたはずです。あわよくば、自分が現役のときにはばれないように、と願うことくらいしかできなかったはずです。

これを防ぐには、当たり前のことを当たり前にやることしかないのでしょう。

企業経営をしていても、1つ2つは突っつかれたらマズイな、と感じることもあると思います。これを1つ1つ潰していくことしかないのだと思います。その際にはその道のプロに解決する方法のサポートを受けるべきでしょう。

目先私に関する部分でいうと、いわゆる個人M&A、スモールM&Aの売り手、対象企業の経営管理体制です。先日(https://ma-japan.info/archives/18811)でご紹介した内容がその肝なわけですが、当たり前のことを当たり前にやる、という実は大変なことを本気で取り組んでいただける方を本気で支援してまいります。

M&A売却希望

M&A買収希望