M&A News

M&Aニュース

ネットカフェを買収されたF様のインタビュー

F様は、事情により実名を開示できませんが、貴重なインタビューですので、皆様にも開示させていただきます。皆様のご参考になればと思います。F様ご協力ありがとうございました。

**
1.今回買収された事業の概要と買収を考えられた経緯について、差し支えない範囲で教えてください。

小規模なインターネットカフェを買収しました。「複合カフェ」と呼ばれる業界全体は現状では発展期を越え大手の寡占状態になりつつありますが、そもそも利益率が比較的高いビジネスであることや、最近は女性にターゲットを絞った新たな形態の店舗も登場し好調であることから、アイデア次第で複合カフェから進化させることにより事業を拡大し売上利益を伸ばすことが出来るものと考えました。

2.当社を選んで頂いた理由を教えてください。

M&Aファイナンス新聞でアルテパートナーズさんを知りました。アドバイザリー業務だけでなく案件の紹介も行っており、M&Aのいわば総合商社でしょう。私は週数回はホームページを見て案件探しや記事を読んでいます。

3.今回の譲受を成功させるまでに一番大変だったことは何だったでしょうか。

不動産賃貸借契約の締結です。私の事業の場合、店舗契約の譲渡・譲受が確実に出来ることがM&Aの絶対的前提かつ必要条件となります。当然ながら不動産を借りる場合は審査や連帯保証人なども必要になりますので事前に想定しておく必要があります。それ以外は特に大変と感じたことはありません。むしろ事業譲受後の日々の経営の方が大変です。

4.実際に買収をされる前に考えていたことと、実際に買収をされた経験で違っていたこと、当初思ってもみなかったことがあれば教えてください。

まだ経営を引き継いで短時間しか経過しておりませんので、これから認識する問題もあるかも知れませんが、現時点で既にスモール、マイクロM&Aにより事業を取得した効果は絶大なものを感じています。一番大きいことは取得初日から売上が立つことです。また従業員や取引先を引き継いだことによる信頼度は非常に大きいです。周囲はオーナーチェンジと見做してくれますので、少なくても前経営者と同じことをやれば、従業員の退職や取引停止などという事態は最小限に食い止められることが出来ます。契約更改でも過去の取引をみてくれますので、保証金の減免など比較的有利な条件交渉が可能です。あとは様子を見ながら徐々に経営スタイルを変えていけばいいのです。

5.当事者同士の交渉ではなく、アドバイザーがいて良かったと思われたことがあれば教えてください。

M&Aは特に買い手側のリスクが非常に大きいですので、買収によって想定される、ありとあらゆるリスクを想定し、アドバイザーに依頼すべきだと思います。アドバイザリー報酬は決して安くはありませんが「安心料」と考えるべきです。トランビなどのM&Aマッチングサイトの案件についても、売り手はともかく、買い手側は別途自費でアドバイザーを立てる方が良いでしょう。それから意外なメリットとしては、面談や契約の場所としてアドバイザーの事務所を利用させていただける点があります。第三者が真ん中に入り客観性のある形での交渉は非常に有効だと思います。

6.これから買収を検討されている方(会社)に、一言アドバイスをお願いします。

小規模なビジネス、飲食店、サービス業などのスモール、マイクロM&Aに取り組む買い手としては、「とにかくスピード最優先」で事を進めることに尽きると思います。案件はいつ湧き出てくるか分かりません。そのために、普段よりM&Aに限らずビジネス・経営全般の学びを進めておくことはもちろん、将来の事業構想や運営について「妄想」しておくことや資金や経営協力者の備えも事前にしておくことが肝要です。

M&A売却希望

M&A買収希望