M&A News

M&Aニュース

JALが過去最大の営業赤字1,200億円とリーク報道

JALの営業赤字が4−6月の四半期で再上場以降最大の1,200億円となる見込みと報道されています。JALの決算発表は8/3ということですし、JALのHPにもこの件については、何も言及がありませんので、リーク記事でしょう。インサイダー情報ですから、ルール外でこうした情報が漏れるのは明らかに異常なのですが、もはや誰もその異常さを指摘するしないのは、本当に危ういです。

JALの決算は上記のとおり、まだ発表されていませんが、国際線は売上8割減ということです。貨物便はそれなりに動いているのかもしれません。厳しいことに違いはありません。

2020年3月期の決算短信(https://ssl4.eir-parts.net/doc/9201/tdnet/1821722/00.pdf)によると、純資産は1兆円以上あり、キャッシュも3,000億円以上ありますし、運転資金用の資金調達も融資で実施したという報道もありましたので、短期的には資金ショート、破綻ということもなさそうです。これも記事通りです。

これ以上は、決算発表を確認してから、重要度に応じて書くことにします。

リークはやめてほしい。当たり前のルールを当たり前に守れない社会は、極めて危険です。
一方でJALの財務はまだまだ大丈夫なはずです。しかし、いつ稼働がどれだけ戻るかわからないという不安は間違いなくあります。固定費を削減し、耐性を高める必要は今後もあるはずで、厳しい環境は続きます。JALも私たちも頑張っていかないといけません。

M&A売却希望

M&A買収希望