M&A News

M&Aニュース

バーニーズ民事再生とWeWork苦戦の理由に賃料高騰とあるが、、、

バーニーズが民事再生となり、WeWorkが苦戦しています。その理由を見ると、賃料の高騰とあります。
たしかに世界中の特に都市部の賃料はあがっているのでしょう。

一方で不動産の価値は将来稼げるであろうキャッシュ・フローをベースに計算されていますから、賃料があがれば不動産の時価は高くなります。その賃料が維持できなくなると不動産の価値が下がる。

バーニーズとかWeWorkが維持できない賃料はおそらく続きません。そうなると、今度は不動産価値の低下につながってくる。不動産バブルの崩壊、とまでいえるかはわかりませんが、かっこよくいうとレバレッジを効かせて、簡単にいうと借金で不動産を買いまくっていると、返済ができなくなり、破綻する可能性があります。

契機崩壊というのは何の前触れもなく起きることではなく、予兆はあります。工作機械の受注が減っていたりなどのことは本誌でも触れているとおりです。どんな準備をすれば100%問題ないということもありませんが、常に準備を怠らないよう、また将来、どう動いていくのか、という点については引き続き注視していきたいと思います。

M&A売却希望

M&A買収希望