M&A News

M&Aニュース

西友が再上場を目指すが、投資家が注意すべき理由

ウォルマートが非上場化し、経営していた西友を再上場させることに方向転換したと報道されています。それ自体は問題がないのですが、再上場の要因が気になります。

ほとんど利益がでていない中、3,000-5,000億円の売却希望金額で売却を模索したものの、金額が高すぎて、買い手がつかなかったのが再上場を決めた理由という点です。

個別企業が高すぎて買収できないということは、上場しても、それだけの価値は本来つかないはずですが、西友が再上場、ということになると、それなりの時価総額がついてもおかしくありません。特に消費者向けのビジネスのため、一般投資家にも馴染みがあり、西友だったら、ということで株を買う方がたくさんいてもおかしくありません。

1株いくらという点だけと見ていて、西友の時価総額がいくらで、それだけの価値があるのか、という視点がなければ高づかみする方、特に高齢者が続出する可能性が否定できません。

注意をしておいて損はないでしょう。

M&A売却希望

M&A買収希望