M&A News

M&Aニュース

本誌は何をしたいのか、すべきなのか。

M&Aの業界は活況です。個人、マイクロM&A業界も同様です。ビジネスは業界として好調です。

しかし、だからといってM&Aの当事者たちが本当に、そのメリットを享受できているかはわかりません。M&Aはそもそもリスクのある取引ですから、売り手も買い手もみんな幸せ、とはそもそも限りません。また、結果論で彼らは成功、失敗と評価することもナンセンスです。

さらにいうと、この業界の実情は業界外の方はほとんどご存じないはずです。

M&Aは問題解決の1つの手段です。場合によっては、M&Aではない方法で解決することが必要なこともあります。しかし、M&Aアドバイザリー会社はM&Aのサービスを提供するのが仕事です。商売をしていると綺麗事では済まされないこともたくさんあります。

それでも本誌は、M&Aの本当の姿を伝え、リスクもメリットも理解したうえで、M&Aに取り組んでいいただきたいと考えています。したがって、このようにM&A、そしてそれだけでないファイナンスその他に関する情報提供を続けていますし、これからも続けてまいります。

M&Aの案件については、本誌が、大学教員、社外役員、監査法人代表を兼務していることから必ずしも十分な時間をとることができない場合も現実的には増えてきています。しかし、そこはJMAAの会員と連携し、対応して参ります。

本誌のようにアドバザリー、業界団体の代表、企業の役員、監査法人代表、大学教員というさまざまな角度から、すべて現役の状態でM&Aを始めとするビジネスにかかわっている方はほとんどいないはずです。したがって、本誌は恵まれた立場を利用し、引き続き皆様にとって有益なM&A、ファイナンスに関する情報提供を続けてまいります。

このような状況ですので、お客さまからのご相談は大歓迎ですが、本気でとりくむ気概のある方を優先してお受けしますので、軽い気持ちでちょっと聞いてみるか、という感覚のかたからのご相談はお受けしませんので、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

M&A売却希望

M&A買収希望