M&A News

M&Aニュース

ウーバーが上場申請 ソフトバンク、VC、アルファベットが主要株主

ウーバーが上場申請すると報道されています。

2018年12月期の売上高は112億7,000万ドル、最終損益は9億9,700万ドルの黒字で時価総額は1,000億ドル(約11兆円)が見込まれているということです。

直近の利益の100倍の価値がつく見込みです。

これが期待値で、ウーバーがこの程度の利益水準で済むはずがないと多くの投資家が考えていることになります。一番の可能性は自動運転の実用化でしょう。自動運転が浸透すれば、もはや移動手段としての車は利用者が保有する必要はなくなります。そうなれば、ライドシェアのビジネスがこのマーケットの支配者になるはずで、その利益を見込んだ株価といってよいでしょう。ソフトバンクやグーグルのアルファベットなどは、上場時に一部は売出しするでしょうが、一部の株は保有しつづけるのではないでしょうか。

この流れに対し、トヨタは会社がなくなるか、継続するか、そんな存亡の危機にある、としています。その中、豊田章男社長は、移動手段として馬は必要なくなったが、乗馬や競馬といったスポーツ用途では残っている。したがって、将来残るのはスポーツカーのはずだ、としてスープラを復活させます。

これこそが将来の純資産の期待値をあげ、しかも達成確率が高いビジネスの例です。そう簡単に自分たちでできないとみれば、出資で関与する、とするソフトバンクやグーグルも立派です。純資産を将来的に確実に増やす、というのは本誌が提唱する「王道経営」です。

こうした最先端の動きを見て自分たちが今何をすべきかの参考にすることは基本的かつ大切なことだと思います。

M&A売却希望

M&A買収希望