M&A News

M&Aニュース

後継者難企業へ地銀の出資上げを検討しているが、絶対反対です

後継者難の企業に地銀が出資を5%を超えて出資させることを認めるか検討をしていると報道されています。

私は絶対反対です。

銀行は資金を広く集め、融資をし、利息収入で生きていくものです。融資は投資と比較するとローリスク、ローリターンです。元本返済が基本ですから、当然です。

そのローリスク、ローリターンで食っていけなくなった金融機関がハイリスク、ハイリターンの投資をするなんて、まったく真逆の方向性です。そんな知見や経験のある人材がどこにいるのでしょうか。

また、後継者難の企業には必ず理由があります。

業績が悪い
権限委譲がされていない
経営管理ができていない
融資を継続するために粉飾決算をしている
後継者候補の給料が安く、売却代金を用立てできない

なんてことは珍しくありません。一番最後の「後継者候補の給料が安く、売却代金を用立てできない」であれば、金融機関でもサポートできます。しかし、それは投資である必要はなく、融資で十分です。融資の中でリスクが高ければ金利を高くとればよいはずです。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-