M&A News

M&Aニュース

吉野家赤字の原因と今後への影響

吉野家が9年ぶりに営業赤字となっています。理由は明らかに人件費の高騰ということです。人不足の問題がさらに深刻化していることを示していますが、吉野家については、私は違う観点を持っています。

人件費が高くなっている、というより、牛丼が安すぎるのです。もちろん、顧客としては安いに超したことはありません。しかし、東南アジア各国でも、あの品質で300−400円程度で、吉野家並のものが食べられるところはありません。

それだけ日本の飲食業のレベルの高さを示しているわけですが、経営をしている企業サイドからすると、本当に厳しい戦いを強いられているわけです。

したがって、この問題を本質的に解決するには、長い目で見れば牛丼の価格をあげることになります。短期的には、同業間の競争で、大幅値上げはないかもしれませんが、その価格競争に決着が着いたあとには、価格をあげる=正当な価格に落ち着くのではないかと思います。

比較的、この値上げがスムーズに行われたのは、車です。日本における車の価格は明らかに高くなりました。ユニクロも同様でしょう。その値上げの影響もあり、東南アジア各国では、ユニクロは安物でなく。クールな、やや高い価格のブランドイメージをつくっています。

日本は国債残高が多すぎ、金利があがると財政が破綻する可能性もあることから、金利も物価もあがらない傾向が続いていますが、どこかでその無理も持たなくなってくるはずです。

M&A売却希望

M&A買収希望