M&A News

M&Aニュース

この経済情勢ではM&Aへの期待が高まるはずですが、安直な取り組みはお勧めしません

いきなりステーキが賃上げを2年連続6%以上、上げ、

イオン九州では人材不足のため本部の50代以上の方を店舗現場へ異動させ、

アップルの業績が悪く、 iPhoneが減産となり、

工作機械がまだ高水準とはいえ受注が減っています。

人材不足、高齢、高収入の本スタッフが店舗に異動すれば、現場業務についていけない可能性もあります。
工作機械の受注は景気の重要な先行指標です。将来の生産見込みが高ければ工作機械の発注は増えますが、逆もまたしかりだからです。
工作機械の受注が落ちているということは、将来の生産見込みが低いということで景気が悪化する可能性があります。

この状況では、株価上昇も期待できません。

ますますM&Aへの期待が高まるでしょう。しかし、本誌でも何度も説明しているとおり、M&Aを成功させるためには、買い手の経営力が必要です。それを磨くことも必要です。数値が足りないからよそから金で買ってくるという安易な考えでは、成功はおぼつきません。これまでも本誌で多くの情報提供をしておりますので、ぜひ必要な情報についてはしっかりチェックしてみてください。

M&A売却希望

M&A買収希望