M&A News

M&Aニュース

キリンがファンケルを買収するということです

キリンがファンケルを買収するというニュースがありますが、キリンはまだ公表していません。これはリーク情報ですが、いつもながらこれに対して何のお咎めもありません。

キリンはファンケルの株をすでに創業家から33%購入しており、その対価は1,300億円でした。今回は残りの株を2,100億円で買うようです。

これを前提に考えると、全体で4,400億円となります。

直近のファンケルの業績は、売上1,100億円、営業利益125億円、純利益88億円、純資産800億円です。ほぼ無借金経営で財務は健全ですが、PERは50倍と非常に高い評価です。

ファンドであれば再上場時により高い時価総額をつけてexitすることが可能ですが、事業会社ではそうもいきません。ファンケルがキリンのグループ会社になることでプラスはたくさんあるでしょうし、業績が上がる可能性は高いですが、現時点ではこの株価がキリンにとっての投資としてどうなのかは疑問です。

これがM&Aは負けから始まるということの実例です。しかし、キリンはそれを百も承知の上で、投資を成功させるための策を持っているはずです。もしそれがない、曖昧である場合、これは危険です。

There is news that Kirin will acquire FANCL, although Kirin has not yet announced it. This is leaked information, but as always, there are no consequences for the leak.

Kirin has already purchased 33% of FANCL’s shares from the founding family, paying 130 billion yen. This time, they plan to buy the remaining shares for 210 billion yen.

Based on this, the total investment will be 440 billion yen.

FANCL’s recent performance includes sales of 110 billion yen, operating profit of 12.5 billion yen, net profit of 8.8 billion yen, and net assets of 80 billion yen. With virtually no debt, its financial health is sound, but a PER of 50 times is quite high.

If it were a fund, they could aim for a higher valuation at re-listing and exit, but this is not possible for a business company. While there are many advantages for FANCL becoming a part of the Kirin Group and the potential for performance improvement is high, the current stock price raises questions about the investment for Kirin.

This exemplifies the concept that M&A starts from a loss. However, Kirin must be fully aware of this and have strategies to make the investment successful. If they do not, or if their plans are vague, it is a dangerous move.

本誌は、M&Aを売り手、買い手、アドバイザーが三方良し、となるのが当たり前の世界の実現を目指しています。そのためには当事者が正しい情報を得て、安心して相談のできる場が必要です。その実現に向けて本誌は、日本M&Aアドバイザー協会で、以下のサービスやセミナーを提供しております。
                                                                                                                                                                                                  
M&A仲介・アドバイザーを事業としたい方・既にされている方へ
セミナー・サービス名詳細金額時間
誰にでもわかるM&A入門セミナー会場開催の詳細とお申込み

オンライン講座の視聴
無料2時間
M&A実務スキル養成講座会場開催の詳細とお申込み

オンライン開催の詳細とお申込み
M&A実務スキルの詳細
198,000円2日間
JMAA認定M&Aアドイザー資格取得およびJMAA会員に入会資格詳細とお申し込み入会金33,000円
月会費11,000円(1年分一括払)
-
案件サポート制度JMAA会員が初めてM&Aアドバイザリー業務に取り組む場合、あるいはすでに何度かアドバイザリー業務に経験があっても、難易度が高い案件の場合のための、JMAA協会が会員に伴走して案件成約に向けて協力する制度です。 お申し込みは当協会ご入会後にお知らせします。JMAA正会員の関与する対象案件の成功報酬の50%-
買収を検討されている企業団体様へ
セミナー・サービス名詳細金額時間
誰にでもわかるM&A入門セミナー会場開催の詳細とお申込み

オンライン講座の視聴
無料2時間
M&A実務スキル養成講座会場開催の詳細とお申込み
オンライン開催の詳細とお申込み

M&A実務スキルの詳細
198,000円2日間
M&A買収プロセスの実践支援セミナーM&A買収プロセスの実践支援セミナーの詳細 33,000円
追加相談サービス 33,000円/1時間
3時間
買い手様向けセカンドオピニオンサービスM&Aセカンドオピニオンサービスの詳細 33,000円
追加相談サービス 33,000円/1時間
1時間〜
売却を検討されている企業団体様へ
セミナー・サービス名詳細金額時間
誰にでもわかるM&A入門セミナー会場開催の詳細とお申込み

オンライン講座の視聴
無料2時間
M&A実務スキル養成講座会場開催の詳細とお申込み

オンライン開催の詳細とお申込み

M&A実務スキルの詳細
198,000円2日間
M&A売却プロセスの実践支援セミナーM&A売却プロセスの実践支援セミナーの詳細 33,000円
追加相談サービス 33,000円/1時間
3時間
M&A売り手様向け、FA契約締結前特別セミナーM&A売り手様向け特別セミナーの詳細 33,000円
追加相談サービス 33,000円/1時間
3時間
売り手様向けセカンドオピニオンサービスM&Aセカンドオピニオンサービスの詳細 33,000円1時間〜

M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-