M&A News

M&Aニュース

上場より成長?スタートアップ企業記事に見える現実

スタートアップ企業への投資が増え、上場より成長を目指し、exitとしてM&Aを目指す企業も増えているという内容の記事がありました。ぜひ、リンク先からご覧いただければと思います。

大切なことは、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)で資金を出したが、うまくいかず、その中で上場前提であったのに、途中でそれをやめてしまう、あるいは投資家として資金回収ができないような場合でしょう。

VCはリスク事業、言い換えればハイリスク・ハイリターンの投資ですから、失敗が多くて当然で、そこを批判するのは的が外れています。リスクをとらないなら、何もしないのがよいでしょう。

問題は、大手企業にとっては小規模のスタートアップ企業に対し、大手企業にとっては少額ですが、スタートアップ企業には多額の投資がされ、大手にとっては大した影響がないため、失敗に対する反省が十分にされておらず、結果として、スタートアップ企業たちへの出資がバブル状態になっていることでしょう。これはM&Aによる買収にもいえ、かなり高い金額、手数料での買収が目につきます。M&Aもスタートアップへの投資も投資ですから、回収することが最低限大事ですが、その見込がたたないまま、荒っぽい考えで投資をしていることが多いのではないか、と感じているのです。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-