M&A News

M&Aニュース

大塚家具の今後

大塚家具が業績不振であると報道されています。お家騒動が取り沙汰された大塚家具ですが、大幅に下方修正です。株価も不振で2017年7月31日終値ベースで、時価総額は、172億円です。100億円もあれば、買収できる状態です。

大塚家具のIR情報(http://www.idc-otsuka.jp/company/ir/zaimu.html)によると、2012年には営業利益を12億円程度出しています。この程度まで業績を戻す自信のある企業であれば、100億円程度は十分に出せる金額です。

しかし、大塚家具はいまだに無借金経営の企業で、資金的にはまだまだ行き詰まる状態ではありません。

株主は以下の有価証券報告書の株主の状況に記載のとおり、すでにオーナー企業ではなくなっていますので、買収はかけやすい状況です。虎視眈々とねらっている企業があるとすれば、より業績が悪化し、株価がもう一段、下がることを待ち構えていてもおかしくはありません。

大塚家具 有価証券報告書より引用
***以下、引用***

***引用、ここまで***

M&A売却希望

M&A買収希望