本当に役立つ「月次決算データの見方と使い方」

本当に役立つ「月次決算データの見方と使い方」

月次で決算を行なっていても、数字をつくること自体が目的化して、肝心のデータが分析できていない、という状況も多いはず。業績向上につなげるための、月次決算の活用法を考える。

1.月次決算の目的
2.専門家が陥る罠
3.月次決算の実践
4.問題解決の流れ
5.仮説の構築
6.仮説の検証
7.月次決算にあたって重要なポイント
8.月次決算と年度決算の違い
9.月次決算で考慮すべき事項
10.全社費用の扱い
11.予算対比の重要性
12.現場の関係構築の重要性
13.経営者、営業、製造へのフィードバック
14.資金繰りは月次ではなく日次で、結果でなく見通しを管理する
15.月次決算で提出すべき資料のまとめ


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望