M&Aのハウツー

事業承継が難しい理由:事業承継のまとめ

中小企業白書に、事業承継に関する難しさについて言及されていると報道されている。

一言でまとめてしまうと、人に売れるようなビジネスを創りあげていないのが原因だろう。
利益がでていない、債務過大、業務が個人に依存している、経営管理がずさん、自分のことは分からないことが多いが、売り手の立場ではなく、買い手の立場にたってみると意外とわかりやすい。

自分の会社を赤の他人であったとして、買う気が起きるのか?そのための判断材料を出せるのか、という観点の事業承継を考えるオーナーには持っていただきたい。

以下では経営者の方に知っておいていただきたいことをビデオとテキストでまとめている。
ぜひ参考にしていただきたい。

○M&A超初心者の方が知っておくべき常識
http://ma-japan.info/archives/1096

○M&Aの作法
http://ma-japan.info/archives/972

○事業承継を経営者はどう考えるべきか
http://ma-japan.info/jigyoshoukei

***以下、引用***

「せっかくここまで大きくした会社だから、だれかに引き継いでもらいたい」と考えている運送会社の社長、特に高齢になった運送事業者ほど考えているのではないだろうか。しかし、このほど中小企業庁がまとめた「中小企業白書」によると、小規模事業者の42.7%が「事業を継承したい」と考えているのに対し、32.8%が「自分の代で廃業することもやむを得ない」と考えていることがわかった。事業継承が進まない理由はどこにあるのだろうか。

 最も多いのが「将来の業績低迷が予測され、事業承継に消極的」というもので55.9%を占めた。また、次いで多かったのが「後継者を探したが、適当な人が見付からなかった」というもので22.5%だった。その他にも、「個人保証や個人財産の担保が障害となった」「経営課題として事業承継を重視していなかった」「業務が逼迫しており、事業承継に取り組む時間がなかった」などの声が多く聞かれた。

 また、事業継承は事業が小規模になればなるほど身内で実施されることが多い。同白書によると、「中規模企業では約4割、小規模事業者では6割超が親族内で事業承継を行っており、規模の小さな企業ほど親族への承継を検討する者が多いという結果となっている」という。

 しかし、「長期的なトレンドを見ると、親族外の第三者承継が存在感を増してきていることが分かる。この背景には少子化や職業選択の多様化により、意欲を持った後継者を、親族内で確保することが難しくなってきていることがある」とも指摘している。同様のことは運送業界も例外ではないようだ。

 また、全ト協の「日本のトラック輸送産業」によると、全国の退出事業者は平成7年には372者だったものが、同20年は2090者にまで増加。最近は落ち着きを戻し、平成23年は1175者となっている。もちろん、この多くは倒産した企業や破綻した企業であり、すべてが「事業継承」に失敗したわけではない。しかし、「廃業」しか選択のなくなった運送会社は少なくない。

 中小企業庁のアンケートでは「事業を引き継ぐ準備ができていない経営者は、60歳代で約6割、70歳代で約5割、80歳代で約4割に上る」としている。運送事業者の高齢化はますます進んでいるだけに他人事ではない。

***引用、ここまで***

 


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望