M&A News

M&Aニュース

電通の本社ビルはなぜ売却されるのか。電通は赤字でもなんでもありません。

電通の本社ビルの売却報道がされています。
電通は公式発表をしていますが、よくあるリークなのでしょう。リーク体質については本誌はずっと否定していますが、相変わらずです。

人と仲良くやっていれば、他人では知ることのできない情報をとれるってのが、リーク記事の基本にあるような気がします。政治家が会食をやめられない理由もそこにあるのかもしれませんが、コロナの影響も深刻ですし、いい加減見直すべきです。そして、そうした関係は既得権益であり、公平ではありません。

本題に戻りますが、本社ビルの売却というのは、ソニーでもあったことですし、大きな企業ではよくあります。

1)苦労して起業
2)業績が安定し、余剰キャッシュが発生
3)2)を利用して、本社ビルなどの不動産を購入
4)業績が苦しくなってきたときに不動産を売却
5)多くの場合、売却した不動産を借りて、営業は本社ビルをつかって継続
6)業績が回復すれば、買い戻しをすることもある

電通は、4)を検討しているというところでしょう。

同社の直近決算(https://ssl4.eir-parts.net/doc/4324/tdnet/1902594/00.pdf)をみても、赤字転落しているわけでもありませんので、4)というと少し違うかもしれません。

減収であることは事実ですし、のれんの負担も軽くありません。さらに稼働率の下がった本社ビルをそれなりの金額で売却できる見込みがあったため、先に手を打った、というのが実態に見えます。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望