M&A News

M&Aニュース

M&Aが成立するための原理原則

M&Aが成立、そして成功するために本来はどうしてもクリアすべき原理原則があります。本誌では何度か触れていますが、以下です。

売り手が継続した場合の価値<買い手が買ったあとの価値

売り手がこのまま経営したとして、1億円の価値があると考えた場合に、1億円では売り手が売る意味がありません。しかし、買うほうは仲介手数料はもちろんかかりますし、買収したあとには当然、そのビジネスを管理、運営する人件費などのコストがかかるはずです。

買った方がよりよい経営ができることが本質です。したがってサラリーマンが会社を買っても構いません。しかし、今、経営されている方よりも良い経営ができて、よい条件を出せなければ、取引が成り立つはずがないのです。実際には上記の条件を満たさずに、売買されている取引もあります。

それは誰かが騙されている、ことがほとんどで、多くの場合、騙されていることにすら気づいていません。

サラリーマンが会社を買うとすれば、それほどの費用は出せません。300万円で買える会社はあります。しかし、その事業はおそらく傷んでいます。多くの場合、オーナーも現場に出て日々頑張っています。それでも苦しいから売りに出すわけです。もちろん、再生できる人も多くいるはずです。しかし、現オーナーが必死に現場に出て頑張っている中で、サラリーマンが今の会社に務めたまま、今のオーナーよりよい経営ができるのでしょうか。普通に冷静に考えて行動すべきです。

ピンとこない方はもっとしっかり情報を集めるべきです。そして情報はタダではないこともあらためて認識すべきです。

M&A売却希望

M&A買収希望