M&A News

M&Aニュース

八田進二先生「不正対応監査における監査人の倫理」講義

八田先生の画像は、大原大学院大学のHPのものを使用させていただいております。
**
八田先生(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%94%B0%E9%80%B2%E4%BA%8C)の講義「不正対応監査における監査人の倫理」を受講してきました。

私が気になった、同意する点について備忘記録の意味も含めて、記録しておきます。

**
監査人にとって、本当に大切なこと、社会が求めていることはなんなのか。今は指導的機能だろう。海外では批判的機能だけをとりあげる。海外、欧米がやっているから、それに従うだけでよいのか。日本は本当に悪いんですか。
**
決算書は暫定数値。それがDue processを経ているかどうかだ。Reasonableというのは結構曖昧。マスコミ、世間が完璧を求めすぎている。会計士協会もやれることはやる、やれないことはやらない、もっとはっきり自分の意見を言わないといけない。
**
会計監査が独占権限は自分たちで守る。日本では制度ができた時にすでに独占権を与えられていた。始めからついていたので、それを守るという気概が足りないのではないか。
**
現地、現場、を見ないと何も分かるわけない。‬
**
‪話は変わるが、メディアはキーワードが好き。‬‪取材を受けるときは、新聞のコメントを予想をして発言している。‬
**
議員はこれだけは落とせないということだけ知りたい。彼らに細かい論点を理解するのは無理。多くの案件を扱っている。‬
**
八田先生の情報源は紙の新聞、電子版はダメ。広告欄で週刊誌がどんな発想で社会的正義を貫こうとしているか感じている。
**
若いプロなんていないんだよ。素養、教養、語学、人格を持った若い奴なんていないんだよ。プロスポーツ選手とは違う。若くして会計士試験に合格する人は素晴らしいが中学生、高校生では、会計士受験勉強以外にやるべきこともたくさんある、経験も教養ももった会計士を作るためには、会計士試験受験の年齢制限があったもよい。

M&A売却希望

M&A買収希望