M&A News

M&Aニュース

東証の時価総額が小さい、この問題を解決するにはexitの概念をこれまでより大きくとらえる必要がありそうです

東証の再編で大きな発表がありました。昨日、再編後の市場に区分される企業が公表されました。

この趣旨はプライム市場によりマーケットに注目され、流通する銘柄を集めて、マーケットを活性化させようということですが、それが十分でないということです。

それはそうですが、よく言われるのがPBRが1を割っている企業の多さです。

これは純資産より時価総額が低い状態で、マーケットからの評価が非常に低いことの代表例です。

それではなぜこのような問題が起きるのかというと、ビジネスチャンスが見えないのだと思います。
無理して投資して失敗したらどうするんだ?ということです。利益もそこそこ出ているし、投資したからといって稼げる保障もない。安定して配当していれば、株主もついてくるだろう、ということです。

これはこれで間違った考えではありません。

しかしマーケットが評価をするのは、ハイリスクであっても、ハイリターンが見込める銘柄でしょう。
当然マーケットがグローバルで、売上も超単位、二桁兆円を狙えるような企業です。GAFAMを作りたいなら、こうした企業を増やす必要があります。

こうした企業を作りたいなら余計なことはしないことでしょう。天才やもしかすると天才かもしれないという人や会社の邪魔をしないことです。こうしたとんがった才能が学校で育ったということではないはずです。

それではPBRが1を切ってしまって先行きが?の上場会社はどうすべきなのでしょうか。
新しいexitを考えてみてもよいのではないでしょうか。

それは既存事業を当面の間継続できる資金を残し、会社を分割します。残った企業については清算をし、株主へ配当をします。株主は、その資金をベースにあらたにハイリスク・ハイリターンが見込める企業への投資ができるようにするのです。利益が確定すると株主に税金がかかるわけですが、一定の条件を決めて再投資をすれば課税を繰り延べるという措置はそれほど難しくないはずです。そのことによって、資金を回すという方法です。

もう手がない企業に資金をいくらおいていても仕方がありません。

また縮小傾向の日本でビジネスを伸ばしていくことは本当に難しいです。その中で、それができる企業は数少ないはず。そこに資金を出せる、集めるあらたなexitを真剣に考えていくよい機会なのではないでしょうか。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-