M&A News

M&Aニュース

企業、投資拡大へ転換点➝M&Aを戦略の1つに

企業の損益分岐点が下がり、現預金の残高も増えているという記事です。
株主からすれば、余裕がある資金は投資をせよ、ということで、M&Aへの投資もますます増やさざるを得ないだろうという趣旨の内容です。

M&Aによる買収で必要なことは、まず「妄想力」です。

買ったビジネスをどう改善するのか、より伸ばしていくのか、を買収前に想像、いやまず妄想できなければ、M&Aは控えておいたほうがベターです。妄想したものを現実的な計画に落とし込む作業は、いわゆる優秀な方々に依頼すればできますが、妄想できる方は少ないものです。

妄想できないなら無理をしてリスクのあるM&Aに取り組まず、アイディアもないなら、配当、自社株買い、などで株主へ早めに還元すべきです。

株式会社はゴーイング・コンサーンで永続するのが前提とするのは、会計上の前提でビジネス的には妄想です。永続するビジネスはなく、1つのビジネスは必ず寿命があります。新たなビジネスを産み出し続ければ、企業は長年継続しますが、1つのビジネスには当然寿命があるのです。したがって、新しいアイディアがなく、キャッシュが余っているのであれば、そのビジネスはクローズに持っていったほうが、株主も経営者も幸せです。

M&Aは有益なツールです。しかし、使いこなせない方からすれば、単にリスクを増やすだけのものです。使い分けを大切にしていくべきものでしょう。

M&A売却希望

M&A買収希望