M&A News

M&Aニュース

人材問題を解決するために、人の話を思い込みを外して聞く

経営者の究極の問題は人材、とよく耳にします。弊社のお客さまでもこの問題を大きくとらえています。

経営者、とくに創業者は意欲もありますし、経営を続けているということは能力も運もあります。もちろんリスクもありますが、うまくいけばお金もたくさんとれます。

そして業界の内外を問わず多くの方と会う機会があります。経営者は会社が成長にともない、それ以上に成長を続けていきます。しかし、その経営者も完璧ではありません。気が短い、言っていることが変わる、要求が高すぎる、などなどスタッフにとって悩みの種も多くあります。

このように経営者とスタッフの間には大きな溝ができてきます。そこで、経営者はなぜ、こんなこともできないのか、とスタッフの態度、行動について理解に苦しみ、注意し、プレッシャーをあたえます。これに対応できるスタッフもいるのですが、少数派です。

経営者はチャンスがあれば、攻め込みます。例えば上司が退職したら、次は自分がやってやるととらえる性質を持っているはずです。しかし、そうでない方もいらっしゃいます。そこそこやっていければよい、自分の時間を大事にしたい、という考えです。

そこを理解するのは、自分の考えを捨てて、相手の話を聞く必要があります。当たり前のことを当たり前と考えずにコミュニケーションをとる必要があります。非常に骨のおれる作業ですが、人材の問題は一方で果てしなく大きな問題であり、これを解決するには当然にそれなりの資源がいるはずです。

変化の時代に成功する経営者は、極めてスピードが早く、気が短いです。それと人材育成というのは、性質が異なりすぎるということなのでしょうが、気合をいれてとりくんでいかないといけない問題でしょう。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-