M&A News

M&Aニュース

中小の事業承継で大切な技術や雇用を守れるか、金融機関はよく顧客を知っているはずだからもっと頑張れというメッセージを実現するには現場を知ろう。

中小の事業承継で大切な技術や雇用を守れるか、金融機関はよく顧客を知っているはずだからもっと頑張れというメッセージを実現するには現場を知ろう。

中小企業の事業承継で、大切な技術や雇用を守れるのか、というえケースバイケースです。

大切な技術や雇用が十分に活用されていれば、それを引き継ぎたいという方はいくらでもいるはずです。
ほとんどはそうではない会社、事業ばかりなので、事業承継が難しいのです。

金融機関はよく顧客を知っているので、事業承継などのアドバイザリーをやってほしい、という気持ちもわかります。
しかし、よく知っているからこそ、とてもでないが承継させられないと判断しているケースも少なくありません。
こうした事業を売却しても、手数料をとれそうもなければ、商売としては成り立たない。

コストがかかるから、事業承継の相談に尻込みをする。どうしてこんな大事なことの準備をしていないのか。
資金がないから、それを補助金で救って事業がよくなるはずがありません。

事業承継の問題を解決するには、事業承継の仕組みだけ考えていても不十分です。
マーケティングの4Pで一番重要なのはP、プロダクトだと思っています。事業承継ならそのプロダクトは事業自体。
その質やレベルをあげなければ、大切な技術や雇用を守ることはできません。

その第一歩は経営者が真摯に勉強して、実践していくことなのだと思います。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望