M&A News

M&Aニュース

M&Aバリュエーションの本質をシンプルに解説し、仲介がなぜ望ましくないのか説明してみます。

M&A実行の際、悩むのがバリュエーションです。いくらで売買をするべきなのか。
そもそもこれを誰か決めてもらおうということが間違いです。

「M&Aの売買金額」は主観で決まります。

売り手と買い手がOKしたら、その金額でよいのです。
もちろん上場企業を含む、株主が複数いる企業では、株主への説明責任もあります。
その際に、FAS会社や証券会社にバリュエーションのレポートを作ってもらうことはありますが、これはあくまでも第三者に説明しやすいように作るもので、そもそもの価格を決めるためのものではありません。

そしてもう1つ大切なことは、

売り手と買い手のバリュエーションは異なる

ということです。売り手がこのまま経営を続けた場合の価値と、買い手が買収した価値は、あくまでも検討段階の期待値、ということになりますが、絶対に違います。経営主体、資金の出し手が変わるので当然です。

しかも、以下の条件が必須です。

売り手の価値<買い手の価値

売り手がこのまま経営していけば、十分に稼げるという状態であれば、よほど高くないと売る意味がありません。買うほうはさらにその業績を伸ばしていく力がなければいけないのです。

M&Aはコモディティではないので、単純な需要と共有で価格が決まるわけではありません。これらの条件が比較的満たしやすいのは、売り手(厳密には対象会社)の業績が悪く、買い手がそれを立て直す自信がある場合です。マイナスの価値に対して、少しでもプラスの評価ができる場合というわけです。

このように売り手と買い手はバリュエーションの前提が異なります。仲介FAでの問題はここに起きやすいのです。買い手がすばらしい再生プランがPMIのプランを持っているとします。仲介のFAは売り手のFAでもあるわけで、自分の知った情報を本来は売り手にも伝える必要があります。しかし、それは買い手との立場で伝えるわけにはいきません。現実にはほとんどの国内のM&A取引でそこまでシビアな売り手と買い手における厳密なシミュレーションができていないので、顕在化はしていないものと思われますが、バリュエーションの問題1つとってみても、M&Aの仲介には大きなリスクをはらんでいるのです。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望