M&A News

M&Aニュース

ゴーン・日産問題がこんな状況な理由

ゴーン、日産問題で次々へ報道がされています。たしかにひどいことばかりです。

これに対し、海外からは批判も出てきています。

ゴーン氏が本当に悪いかどうか、は現在調査中なわけです。それはすでに本誌(http://ma-japan.info/archives/15848)でも述べたとおりです。

最大の?は、日産から本件に関して、何の発表もないことです。11/19のゴーン氏の不正があったという初動のリリース、11/22の取締役会でゴーン氏解任等に関する決議をしたという2点だけです。

https://newsroom.nissan-global.com/releases?lang=ja-JP

おそらく捜査中のため、未確定事項は公表できないということでしょうが、それであれば、なぜこんな報道が無責任で出続けるのか、ゴーン氏に不正の疑いはかけられているが、今のゴーン氏の扱い、適正な捜査がされているのか、なぜいつもながら、どこで誰が無責任にしゃべっているのかわからない報道が出続けるのでしょうか。不正は不正としてしっかり調べるべきです。今回の件もゴーン氏1人ではできません。実行部隊がいたはずです。本来は社内で調査をすべきですが、トップが不正を働いていた場合には、それは難しい。本来は社外役員がブレーキをかけるべきでしたが、それもできない。したがって、外部の力を借りて、捜査をしよう、という苦肉の策だったのでしょう。それもやむを得ないかもしれません。それであれば、せめて無責任な情報がダダ漏れする自体だけは避けてほしいものです。それによって、株価にも悪影響もあるでしょうから。

M&A売却希望

M&A買収希望