M&A News

M&Aニュース

日立が2年間で1兆円の買収を検討

日立が企業買収に2年間で1兆円資金を準備していると報道されています。この2月1日にすでに第3四半期の決算を発表しています➝日立2016/12決算説明資料

その中で当期の見通しを売上10兆円から9兆円に減収、営業利益も減益見込です。これは再編の効果であり、業績が安定しなかった日立の業績を安定させるプロセスであるということです。

今後は2年間で1兆円の投資を実施します。売上が9兆円ある日立にインパクトがある買収というのはかなり大型のものになるはずです。

昨年度で一番大型の買収は、ソフトバンクによるアームグループの買収で3兆円超、キャノンの東芝メディカル買収で6千億円超です。2年で1兆円ということは、東芝メディカル買収サイズの買収は十分可能になってきます。

日立は合弁で利益を稼いでいることが多い企業です。一部は合弁先から株式を購入し、完全子会社化、あるいは持分を増やすということも考えられるでしょう。好感が持てるのは、いったん売上を落として体制を整えている点です。

M&A売却希望

M&A買収希望