M&A News

M&Aニュース

アイリスオーヤマの稼働率70%経営がM&Aアドバイザリー報酬が高い理由とも関係しています。その問題の解決策とともに整理してみました。

アイリスオーヤマの大山会長の↓の本はおすすめです。
まだご覧頂いていない方にはぜひお勧めします。

その中で稼働率70%の経営という指摘があります。
効率経営に反しそうな内容ですが、これは有事への対応です。コロナがおきた、地震がおきた、需要が急増した、この状態に対応するためです。

これは私達も同様です。M&Aアドバイザーはスケジュールがパツパツではいけません。
困ったお客さまから、すぐに来てほしい、相談にのってほしいというご要望に応えなければいけません。
したがって、M&Aアドバイザリーにコミットし、時間を十分にかけ、かつある程度の時間の余裕をもっている必要があります。
しかも経験値が高く、能力が高い必要があります。

だからこそ、高い報酬を払わないと彼らの採算があわない、という見方もできます。
高すぎる報酬は払えない、どう対処すべきかわからない、という場合の解決策は以下の動画でお話しております。
ご参考になればうれしいです。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-