M&A News

M&Aニュース

日本語学校の教員不足でトラブル発生とM&Aの関係

日本語学校で教員が不足して、留学生520人が入国できない状態になっていると報道されています。

この背景は留学生、技能実習生を含め、日本に入国して、仕事をしたい方が非常に多くいるという現状を示しています。さまざまな業界での人不足が懸念されています。この対応として外国人人材に期待されることが多く、その需要が大きいため、これから来日して日本語を学んで、それから就業をしていただくことも必要となっています。

その結果、日本語学校の多くには生徒が集まり、新設や学生増員が起きています。学校を作るだけでも大変ですが、教員の確保はもっと大変で、そこが追いつかなかった事例の1つがこのニュースといってよいでしょう。

これを背景として、日本語学校買収ニーズが相当あります。ただし、上記のような状況ですから、売却する理由もなく、売却案件がでてこない状況です。

当社にも多くの買収要望をいただきますが、そのほとんどが外国人の方です。彼らのほうがこうしたビジネスチャンスにより貪欲なのでしょうか。なかなか売却案件のご紹介をできる状況ではないのですが、ビジネスチャンスには一気に動く、というのはビジネスの基本でもあると考えています。

こうした希少案件を買収するには、待ちの姿勢だけではなく、攻めの姿勢のM&A(http://ma-japan.info/archives/7801)をとる必要があります。

M&A売却希望

M&A買収希望