M&A News

M&Aニュース

スモールM&A現実と成功のための12のポイント:ポイントその6 ウチの本当の味方は誰なのか

スモールM&A現実と成功のための12のポイント:
ポイントその6 ウチの本当の味方は誰なのか、についてです。
動画はこちらです→https://www.youtube.com/watch?v=oqNPadA7JaU&t=2299s

では、次です。
冒頭にお話しした専門家からFAの表です。マッチングから手続までの機能があるのですが、自分たちでできることって何なんだろうなということなんです。マッチングから手続まで全て同じ業者に任せるべきなのでしょうか。

一般的にいうと、これ全部任せないと契約をしてくれません。なぜかというと、それだけいい売り案件が少ないのです。なので、いい売り案件がきたと、ああこれうち関心あるな、業績も悪くないし、経営管理もしっかりできているし引継ぎしやすそうだというような会社の情報って滅多にないのが実状です。

そういう情報が来た時に、一生懸命探している会社であればあるほど、その情報がどれだけ価値があるというのがわかるのです。なので、報酬が多少高くても、待っていたってこないよと。今まで2年、3年間いろんな業者に声掛けて相手を探していたけれど見つからない。今回千載一遇のチャンスなのだからやらなければいけないということで、高い報酬を払って買収に動くという会社が多いのはある意味当然なのです。

ただ、それは売りたい・買いたいという情報をタダだと思って待ってるだけだからです。であれば、何年かに一度、ああこれは千載一遇のチャンスだなというように来る案件をやっぱり多少コストがかかっても買収しにいかないと、買収という目的を達成できなくなってしまう。

自分たちで動くということがまず大事だと思います。したがって、マッチングに関しては、先ほどから何度も申し上げているように、自分たちで探すということも含めて検討するべきだと思います。で、順番にこの後のスライドで説明していきますけれども、アドバイス業務、これうち会社の本当の味方って誰なんだと観点で説明をしていきたいと思います。交渉、買収資金の調達、手続というところも、次のスライドで一つ一つ説明をしていきたいと思います。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望