M&A News

M&Aニュース

優先順位や決め事を決めらないと現場が疲弊するケースが目に付きます。経営者が自らの役割を果たすべき時期です。

ここ最近、新たな案件に取り組む機会がメチャクチャ増えています。内容はそれぞれなのですが、目に見える現象からすると

「もうちょっとしっかりやろうよ。」

というレベルの問題に見えることも多いのです。
以前はこうした問題の背景は、ほとんど管理者なり現場の覇気がない、怠慢に原因があったものです。

しかし、現在、労働環境も甘くありませんし、明らかにバブル世代よりも「真面目」です。
したがって、日々皆、真面目にやっているのです。

だけど結果が出ない、こんな感じです。

当然、改善方法は事情によって異なるわけですが、1つ重要な要素は

「100点満点を目指さない」

しかし、合格点をとるための具体先を提示して、運用を見守ることでしょう。
そのためには、「やらなくよい」業務を上司が指示することも重要です。

真面目な人、組織は「やらなくてよい」という意識が希薄です。
それであれば、それをマネージするのがボスの役割です。

「それくらい自分たちで考えなよ」と経営者の皆様は考えるでしょう。
しかし、それができないから経営者になっていないのです。もっと言うと、何らかの事情により、やりたいとしても、時間などの制約からできないから経営者をやっていないのです。

経営者にとっても簡単なことではありません。しかし、真面目にやっている現場のモチベーションのためにも、経営効率化のためにも経営者の皆さんが、やらないことを決め、優先順位を決め、さらに具体的な指示を出す、こうした基本がなおさら重要になっているものと感じます。


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望