M&A News

M&Aニュース

4月のM&Aが同月として最多に 前年比31件増の83件、3カ月連続で増加

2021年4月のM&A件数(適時開示ベース)は83件と前年同月を31件上回り、3カ月連続で増加した。4月としてはここ10年間で最多だった。国内案件が活発だったうえ、海外案件の復調が鮮明になっている。足元では新型コロナウイルスの変異株の感染が拡大しているのが、4月のM&A市場は回復基調が鮮明になっている。1~4月の累計は325件で、前年同期を30件上回るハイペースで推移している。
 一方、4月の取引金額は1兆9263億円で、こちらも3カ月連続で1兆円の大台を超えた。前年4月は約350億円と過去最低水準に落ち込んだが、一転して4月として過去最高となった。
 全上場企業に義務づけられた適時開示情報のうち、経営権の異動を伴うM&A(グループ内再編は除く)について、M&A仲介のストライク(M&A Online編集部)が集計した。
 全83件中、海外案件は28件と3分の1を占め、2016年12月(29件)以来およそ4年半ぶりの高水準となった。海外案件は昨年の同時期、コロナショックの影響で失速した後、秋口から持ち直していたが、ここへきて一段と勢いづいている。
 金額トップは、米投資ファンドのベインキャピタルがTOB(株式公開買い付け)などで日立金属を買収する案件で、総額約8100億円に上る見通し。TOBは11月下旬に予定。
 日立金属をめぐる一連の買収には日本産業パートナーズ(東京都千代田区)、ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ(同)の国内投資ファンド2社が参画し、日米連合で進められる。日立金属の売却は日立製作所のグループ事業再編の一環で、昨年は日立化成を約9600億円で昭和電工に売却した。
 もう一つの大型案件はパナソニックが約7800億円を投じる米ブルーヨンダーの買収。ブルーヨンダーはサプライチェーン(供給網)用ソフトウエアの有力企業で、株式80%を追加取得し、完全子会社化する。顧客企業の生産性向上などに向けたサプライチェーンマネジメント(SCM)サービスを世界規模で強化する。
 インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の非上場化を巡るTOBは国内REIT(不動産投資信託)初の敵対的買収に発展した。米投資ファンドのスターウッド・キャピタル・グループが仕掛けた1600億円超の大型TOBだが、インベスコが反対を表明した。

金額上位の案件は次の通り。
1 米ベインキャピタル 日米3社連合で日立金属を買収 8100億円
2 パナソニック サプライチェーン・ソフトウエア企業の米ブルーヨンダーを子会社化 7800億円
3 米スターウッド・キャピタル・グループ 国内不動産投資信託(REIT)のインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人をTOBで非上場化 1665億円
4 ノーリツ鋼機 ワイヤレスイヤホン・ヘッドホン開発の米JLabを子会社化 350億円
5 ソニーグループ ブラジルの独立系音楽会社ソンリブレを買収 283億円
6 シティインデックスイレブンス 日本アジアグループを再TOBで子会社化 172億円
7 Jトラスト リース・割賦事業のJTキャピタル(ソウル)など韓国金融2子会社を現地社に譲渡 114億円
8 リログループ 不動産事業の日商ベックス(東京都渋谷区)を中心とする日商ベックスグループ3社を子会社化 86億円
9 アスリード・キャピタル(シンガポール) 富士興産をTOBで子会社化 82.9億円
10 レスターホールディングス 半導体商社のPALTEKをTOBで子会社化 74.4億円


M&A実務を体系的に学びたい方は、M&A実務スキル養成講座


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望