M&A News

M&Aニュース

LGのスマホ事業の累積損失が45億ドルで撤退。そこから見えることはなにか考えてみました。

LGがスマホ事業から撤退するということです。6年間連続赤字、累積損失が45億ドルということはおよそ5000億円です。これはたまらない。

2013年にはアップル、サムソンにつぐシェア第3位で、今も北米ではシェア3位ということです。

世界中に広がるスマホであってもごくわずかの機種に収斂してしまいます。
スマホはソフトによることも多いので、iOSとandoroidに依存し、ハードも高機能化が進み、相当な開発力と販売力がないと、販売を維持できません。

スマホほどのマーケットを持つ商材でも、上位寡占の状態になってしまいます。コロナの影響もあるなかで体力のない事業は廃業、再編が進んでいきます。その結果、やはりどの業界でも上位寡占の状態になっていくはずです。そのほうが、提供者からは効率的だからです。

しかし、その結果、皆が同じものを使い、個性がなくなってきます。その中で本当に好きなもの、関心のあるもの、大切なものは皆と同じものだけでは嫌、ということがあるはずなのです。

例えばチェーンでない、個人経営の料理店、サロンなどです。ここで勝ち残っていくのは簡単ではありませんが、データではなく、自分たちが実際に目で耳で体で感じているお客さまを相手にして商品やサービスを提供できるので、その気になれば、局地戦では大手に勝てる可能性がでてきます。

所得格差がドンドン大きくなる将来に向けて、大手寡占をしているビジネスのなかで生き残っていくのか、自分たちの特徴を活かして局地戦で、現場のこと自分自身で感じながら、生き残っていくのか、決断をしないと、生きづらい環境になってきているというか、もうそうなっていると考えるべきだと思います。


メルマガ登録はこちら

大原達朗の経営リテラシー-自ら考え、行動しよう-

まずはここから!学びを深めるための人気記事5選

  • 経営者のための「決算書(BS、PL、CF)」講座
  • 経営者が知っておくべき事業譲渡とは?(2018年10月11日改定版)
  • サラリーマンではないが、300万円で会社を買って困っている方がでてきています。困らないためにやるべきただ1つのこと。(2020年12月18日改定版))
  • 経営者が知っておくべき営業権譲渡と営業譲渡(2018年10月11日改定版)
  • 1,000万円で買える会社とは?個人M&A・スモールM&Aと起業(2019年7月24日改定版)
  • M&A売却希望

    M&A買収希望